もう悩まない!男の美活を応援するメンズビューティートーク

  • 総口コミ数:1,597件
  • 掲載医院数:3,489件

男にもVIO脱毛は必要?蒸れやニオイの悩みを脱毛で改善!

2019/03/03 脱毛
男にもVIO脱毛は必要?

男性に注目をされて、さらに人気な脱毛といえばヒゲですが、近年ではVIO脱毛が注目されているのです。

VIO脱毛とはアンダーヘア(陰毛)の脱毛を指しており、【V=ビキニライン】【I=性器】【O=肛門】となっています。

女性がVIO脱毛するのはわかるけど、男は別にしなくてもいいのでは?むしろ毛があった方が男らしさがある、という意見もありますが、人によっては毛が多すぎることにより、蒸れやニオイに悩まされていることもあるのです。

その改善のために男性のVIO脱毛が注目されているというわけですね。 では、男性にVIO脱毛が必要なのか、そのメリットとデメリットを見てみましょう。

VIO脱毛のメリットとは

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛は別に必要ないのでは?と思う人もいるでしょう。しかし脱毛=ツルツル肌になるまで脱毛する必要はなく、薄くなるくらい、または整えるくらいでも蒸れやニオイの解消になります。まずはVIOを脱毛することによってどんなメリットがあるのか見てみましょう。

清潔感を保てる

デリケート部分(陰部)の、蒸れ・ニオイ・かゆみといった悩みはありませんか?とくに夏場が気になりますよね。暑さによってデリケート部分はかなり蒸れやすくなっており、さらに汗もかくためニオイも強くなります。

肌の弱い人、敏感肌の人はかゆみも気になっているはずです。しかし、脱毛で毛を少なくすることによって、蒸れやニオイそして、陰部のかゆみなどのトラブルを解消することができ、清潔を保つことにも繋がります。

汚れが毛に絡まらなくなる

トイレ後はウォシュレットを使って綺麗にする人もいますが、表面は綺麗にできても、毛に絡まった汚れを綺麗に落とすのは大変ですよね。

VIOのOとなる肛門も清潔にしておきたい部分なので、毛量が多い人や汚れを取るために、つい強く拭いてお尻が痛くなるという人にOの脱毛は向いています。

将来のためになる

身だしなみや清潔感といった理由でVIO脱毛をする人がいるなか、今後、自分が介護されることを想定して、介護者と自分の負担にならないようにという理由でVIO脱毛をする人もいます。

介護で大変だったというアンケート調査によると、排泄の介助がとても多かったです。先程話したように、汚れが毛に絡まってしまうことがあります。自分自身で拭くことができない状態であった場合、介護者にしてもらうしかありません。

汚れが毛に絡まってしまったお尻を拭くのは一苦労でしょう。さらに介護されている方も拭き終わるまでは、その状態で待っていなければいけません。お互いに負担となってしまいます。

少しでもその負担を軽減するために、若い人だけでなく中高年層のVIO脱毛をする男性が増えてきたのです。もちろん、介護されるのは年配の方だけではありません。若い人でもその可能性は充分にありえるので、将来を見据えての脱毛を考えておきましょう。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリット

脱毛といえば気になるのは、痛みですね。他の部位より痛みは強いのかなど、また痛みの次に最大のデメリットは、デリケート部分を脱毛のためとはいえ人に見られることですね。それらについてVIO脱毛のデメリットをみていきましょう。

VIO脱毛は痛みが強い

残念ながらVIOは痛みが強く出る部分です。陰毛は腕や足の毛に比べると太く濃い上に、皮膚が薄いので余計に痛みを強く感じてしまいます。

例えるなら、ゴムで強く弾かれたような痛みです。この痛みが原因で1回しか脱毛できなかったという人や、2回目の脱毛をしたくないという人もいます。

せっかく脱毛するなら最後までしたいですよね。どうしても痛みを我慢できない場合は、麻酔があるので医師に相談し麻酔を使って脱毛してみてはどうでしょうか。それで痛みが軽減されたら脱毛を続けましょう!

永久脱毛後は毛が生えなくなる

永久脱毛をしたその後は毛が生えてきません。ツルツルな肌を目指して脱毛をする人ならば、生えてこなくていいと思います。しかし、永久脱毛をして後悔したという人もいるのです。

ツルツルになったデリケート部分で、温泉に行くと周囲の視線がそこに集中して恥ずかしい。全部脱毛しなければよかったという意見もありました。VIOだけでなく、ヒゲ脱毛で毎朝のヒゲ剃りがなくなり満足していたのに、オシャレヒゲに興味を持ってしまい、脱毛でヒゲが生えてこないことを後悔しているという人もいます。

今は脱毛に満足しても、この先後悔することも考えられるので最初は綺麗に脱毛しなくてもいいのではないでしょうか。最初に話したように、毛が薄くなるまでレーザー脱毛を受けてみたり、肛門部分や性器部分だけ脱毛する方法もあります。

永久脱毛をしてしまえば毛は生えてきませんので、そこをよく考えて脱毛を受けたほうがいいでしょう。

デリケート部分を見られてしまう

VIO脱毛のデメリットで、痛みの次にまたは同じくらいデメリットと感じるのは、スタッフにデリケート部分を見られてしまうこと。

同性ならあまり気にすることではありませんが、異性が担当するとなると話は別。見られるのが恥ずかしいという理由で脱毛したくてもできない人もいるのです。今は昔とは違い、スタッフ全員が男性のメンズ脱毛クリニックもあるので、そちらの利用をおすすめします。

悩み解消や将来を見据えての脱毛は必要なのでは?

VIOは将来のための脱毛

以上がVIO脱毛のメリットとデメリットです。男が陰部をツルツルにするのはやっぱり変だと考えず、毛を薄くするだけで蒸れやニオイの軽減に繋がるので、脱毛というより毛を整える感じだと思ってください。

また、メリットで話した介護される立場になった場合、という将来のことを見据えての脱毛だと考えれば、男女関係なくVIO脱毛は必要なのではないでしょうか。

このコラムを書いた人

Mr.MENS

美容コラムだけでなく、色々な情報も発信していきます。宜しくお願いします。

©2017 MEN'S BEAUTY TALK